MBCラジオ第11回

みなさんこんにちは!


大変長らくお待たせいたしました!
「MBCラジオ第11回」
アップロードいたしました!

さて、本日は12月31日!
2016年最後の一日ですね!
そんな一年の締めくくりに、このラジオを聴いて楽しい思い出を一つ増やしませんか?

楽しく笑える内容となっておりますので、是非とも聴いてみてくださいね!

今回のラジオは事前にリスナーの皆様に募集した「小説にありそうな一文」をつかわせていただきました!
投稿してくださった
ミラノ風ウルトラマンさん
ちくわ大明神さん
日本語かけないさん
その他匿名の皆様
どうもありがとうございました!!

それでは皆様、良いお年を!!!!

スポンサーサイト

1年生番組2週目!

みなさんこんにちは!
 11月28日から12月11日までの2週間、2パートに分かれて行われた1年生番組もついにすべて完成し、先日視聴会が行われました!!
 無事終えられほっとしている反面、寂しさも感じています・・・。


 さて、 1年生番組2週目は、プロデュース1人、アナウンス5人、技術4人の総勢10人で12月5日から12月11日までの期間中に収録をおこないました!!  
 さっそく1年生番組2週目の様子を紹介していきます!!  

刑パ技術 
真剣な表情でパソコンを見つめる技術さん

刑パ技術&プロ 
スムーズに進行が進むよう、プロさんと技術さんによる綿密な打ち合わせが行われています。(手前がプロ)

刑パアナウンス&プロ
和気あいあいとした雰囲気が伝わってくる一枚。もちろん収録中は真剣そのものでした!


いかがでしたでしょうか?
少しでもラジオドラマ制作や放送部の活動に興味を持っていただけたら嬉しい限りです! 
最後に、収録に挑んだメンバーの感想を紹介します!!

 ※個人情報保護のため、仮名でお送りします。 

アナウンス部門

アシュフチュ
 夏番組の際のチョイ役とは違い、今回は主役をやらせて頂くということで最初は少し緊張していました。しかし、収録が進むにつれてどんどん楽しく、そして終わる頃にはまだ演じていたいと思えるほど楽しんでやり遂げることができました。2週目のみんなで番組を作ることができて本当に良かったです。

ハンチュ
 今回私が演じさせていただいた役は、お嬢様だけどでも実は好奇心旺盛でちょっと(?)過激な一面を持っているキャラクターだったのですが、その二面を表現するのが難しく、大変苦労させられました。今考えてみるともっと他の演じ方があったのではないかと思うところや自分のちから不足を感じる部分が多々あるのでこの経験を次回の番組制作に活かしたいと思います。
 1週間みんなで楽しく番組を作ることができて良かったです! 本当にあっという間の1週間でした! 2週目のみんな、応援してくれた皆様ありがとうございました!

女の子が好き(女性)
 ラジオドラマ製作ということで、収録時に、録音された自分の演技を聴くのは、正直力不足を感じて辛いところが多々ありましたが、一回生だけで番組を作ったこの一週間はとても楽しく、とても早く感じました。

ヘアンチュ
抑揚を大きくつけるキャラだったので、声の大きさに苦労しました。囁くように喋りたいのに大きな声を出さざるを得ないのはもどかしかったです。自分自身の課題にしっかり向かい合い次のステージへ到れるよう頑張ります。次回の番組を楽しみにしていて下さい。

一眼くん
 収録は初めての体験で、緊張しないつもりでいたのにとても緊張しました!
 使い慣れない声を使ったので次の日喉が痛くなったりもしましたが、全体を通して楽しい収録でした!

※ 一眼くんは1週目のA氏と同じく、大学祭が終わってから入部したフレッシュマンです!


技術部門

筋金入りの野菜嫌い
 初めての一年生だけの番組製作ということで不安も多かったものの無事終えることができよかったです。この一週間は本当にあっという間で少しやり残したこともあったものの、とても楽しく充実した一週間でした。

スキンチュ
 初めて自分たちで収録から編集をする番組製作ということで色々と苦労しました。時間的にも余裕がなく作業に追われたりしましたが、みんなの協力と努力のおかげで無事完成させることができました。なにより楽しく作ることができたので良かったです!!

うな重
 初めて自分たちだけでラジオドラマを作るにあたって不安がありましたが何とかやりきることができて良かったです。

天使
 同期とこんなに一緒に過ごしたのは初めてで、最初は不安もありましたが、終わってみると楽しい1週間でした。色々学んだり、助け合ったりして作品を作ることができたと思います。
2週目の皆さん、ありがとうございました!

プロデュース部門
はる君
 初めてのラジオドラマ制作ということで色々と苦労した部分はありましたが、2週目一同一致団結することで無事に制作できてホッとしています。
 僕の好きなジャンルが冒険物なので、今回の作品も冒険物になっています。声だけで冒険を表現することはとても難しくはありましたが、自分たちのこれまでの経験や、触れてきた作品を基に面白いものを作ろうと努力し、なんとか完成させることができました。
アナウンス、技術、そして僕自身も、各々の役割で貴重な体験が出来ました。この経験はこれからの活動でも必ず活きてくる経験だと思います。
 また、アナウンス、技術の面々には自分の初作品に付き合ってもらえて本当に感謝しています。
 最後になりましたが、応援に駆けつけてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

 以上、1年生番組2週目の紹介でした!
  
 ところでどなたか、一年生番組・・・というならば、ほかにも○○番組があるのでは…と思った方いらっしゃいませんんか?  その通りです!! 
 放送部ではまだまだ春番組や夏番組、ほかにも大放送などを行っています!!  これらのイベント様子もこれからどんどん紹介していきたいと思います!!  次回の更新をお楽しみに!!

1年生番組1週目!

みなさんこんにちは! 


放送部では先日代替わりが行われ、装い新たに第52代がスタートしました。
先輩方が引退して不安もありますが、元気に、歴代の先輩方に恥じぬよう、頑張っていきたいと思います!

さて、実は、先日1年生のみでのラジオドラマ収録(通称1年生番組)1週目の収録が行われました。

1年生番組1週目は
11月28日から12月4日まで、プロデュース1人、アナウンス6人、技術3人の総勢10人で収録を行いました。
無時収録が終了しましたので、ここで番組収録の様子をご紹介させていただきます!!

1年生番組ひろぱ.収録風景1
掛け合いシーンの収録の様子です。顔は隠れて見えないですが、三人とも真剣な表情です。

1年生番組ひろぱ.収録風景2
収録した音声にノイズなどが入っていないか、技術さんがその場で確認します

1年生番組ひろぱ.収録風景3
もちろん、アナウンスの演技が台本に沿っているかどうかの確認はプロさんが行います。(向かって右がプロ)


いかかがでしたでしょうか? ラジオドラマ収録の楽しさや真剣さが少しでも伝われば幸いです。
最後に、収録に臨んだメンバーの感想を聞いてみました!

※ 個人情報保護のため、仮名でお送りいたします。

アナウンス部門

 

MK氏

ずっとやりたかったラジオドラマができてとても楽しかったです。今回の反省を次回以降活かしていけるよう頑張ります。

 

T君

迷惑をかけてしまったり、収録がうまくいかず大変だったりもしましたが、とりあえず一つの作品ができたことにほっと安心しています。同期で1週間過ごすのはとても楽しかったので2週目も楽しんで作ってほしいなと思っています。

 

STちゃん

1年生だけでの番組で不安と楽しみが入りまじっていましたが思ったよりもあっという間でした。予期せぬトラブルもあったけれど1週目メンバーで乗りきれたので良かったです。


OJ様

1週間、1回生だけで番組を作るのは新鮮でした。私は1限に行かなかったことが一回あったり、連絡はいれたものの体調不良でお昼から行かせてもらったりと、全方面に迷惑をかけていました。なのでこれからはそういった面を直しつつ、アナとしての技術を磨ければと思います。1週目の皆さんには大変申し訳なかったです。

 

みにぃちゃん

終わったらあっという間な感じでした。喜(怒哀)楽を表現するの楽しかったです。多く役をもらいましたが、個人的に低い声を出す時が1番楽しくできました。

 

A氏

部に入ったばっかで緊張しながらの初収録で想像通りにできなかったところがありましたが、いい経験をさせて貰いました! 一週間お疲れさまでした! みんなと一緒にやれて楽しかったぁー!


    A氏は四月からではなく大学祭が終わってから放送部に入部したフレッシュマンです!



技術部門

 

女神

1週間、長いようで短いこの期間、助け合うことによって番組を完成させることができたと思います。この頑張りを一つの作品として作り上げられたみんなの努力に感謝です! 笑いあって作業した楽しかった時間は忘れません!

 

ズッキーニ

初めて1年生だけでラジオドラマを作るにあたって不安や戸惑いがありましたが、みんなで協力して頑張ることができました。

 

じょーぎ

とても充実した1週間でした。時間が過ぎるのがものすごく早く感じました。

編集が思うようにいかなかったりと悔しいことも多くありましたが、みんなで協力して1つの番組を作ることはやりがいがありました。改めて放送部に入ってよかったと感じました。

ひろぱの皆さん1週間お疲れさまでした、ありがとうございました。

 

プロデュース部門

ひろ君

こんにちは、1年生番組1週目プロデュース部門の人です。

1年生のみだったので手間を取ることが多く、ハプニングも続出して想像以上に大変な収録になりましたが、1週間楽しく活動することができました。声入れはアナウンスさんだけでなく技術さんや僕も参加しました。もちろんメインキャラはアナウンスさんですが、メンバー全員が作品に出演しています。技術さんや僕にとっては新鮮な体験になりました。ある技術さんは声入れしたらイケボになっていた気がします。

特にあるアナウンスさんには3役お願いしたのですが、見事に声分けしてくれましたすごい!!

本編の編集は技術さんがぎりぎりまで行ってくれました。僕は編集場所を頼みあとは横で見ていましたが、なかなか大変そうな作業でした。3人ともたくさん保存ボタンを押していました。保存3回は絶対に!授業の合間をぬって夜遅くまでの収録になったので、後半はメンバーたちに疲れが見えてきましたが、それを乗り切り完成させることができました。入部して約八か月がたちましたが、1週間同期のみで活動する期間は初めてだったのでとても楽しい時間になりました。またメンバーの知らない一面も見れた気がします。もしかしたら、メンバーの僕のイメージも変わっているかも……。でも、メンバー同士の中は深まったと思っています。活動した1週間は長い毎日でしたが、とても短い1週間だった気がします。最後に差し入れをくださった皆様、応援に駆けつけてくださった皆様、ありがとうございました!!



以上! 1年生番組1週目紹介でした!


ところで皆様、1週目というからには2週目があるのでは......と、思った方はいらっしゃいませんか?


そうです! 2週目があるのです! 

現在すでに鋭意制作中! ですが、そちらの紹介はまた次回にさせていただきます!

次回の更新をお楽しみに!