FC2ブログ

一年生番組活動報告!

みなさんおはようございます!こんにちはこんばんは!去る12月3日に1年生番組1周目、12月11日に2周目が無事終了しました。

もう冬休みですがここで1年生番組の様子を1、2週目合わせて振り返っていきます!
※以下、個人情報保護処理を施しています。

1週目

1番1週目はプロデュース1人、アナウンス2人、技術3人で収録が行われました。
1週目3
1週目2
1週目1
終始和気あいあいとした雰囲気でした。



2週目

2週目はプロデュース1人、アナウンス3人、技術2人で収録が行われました。

2週目3
2週目2
2週目1
なんだか楽しそうですね。




番組を終えて

1週目プロデュース

ちょけ野さん

みなさん、こんにちわぐ~!



今までドラマとかアニメとか見てきて「クッソつまんねぇな」とか「ここの展開意味わかんねぇよ」とブツブツ言いながら19年生きてきたわけですけども、本当に世の脚本家さんに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。



人に楽しんでもらえるお話を考えるのってめちゃくちゃ難しいし、それを形にするのはそれ以上に難しいなぁ感じる1~2週間でした!



実は今回…



>>ここから先は有料になります

→チャンネルに入会して購読する。

月額:¥540(税込)

アナウンス

かっかさん

1年生だけでのラジオドラマ製作ということもあって、新しい緊張感と和気あいあいとした雰囲気の中楽しんで活動できたと思います。

収録を終え、出来上がった作品を聞くと「まだまだだな。ここをこうすれば良かったな。」と反省点が次々と出てきます。今後の課題として受け止め、次のラジオドラマに活かしたいと思います。

ですが、とても有意義で楽しい1週間でした!

またこのような楽しい収録が出来たらいいなと思います!

ふみっしゅさん

夏番組より上手にやろう、気持ちを入れてやろうと思って取り組みました。出来てたらいいな?また、同じ週のアナウンスさんが上手くて衝撃を受けました。二周目の人もうまかったなぁ…。みんなに追いつきてぇなぁ…。

制作途中でとても面白い場面が多々ありとても楽しかったです。もっとやりたい…と思ってしまう!そして、最後のシーンで表現しきれなかった奴、出来るようになりたい!

先輩がいない番組制作で、先輩からの細かい指摘やアドバイスを制作途中で聞く事ができず、自分のできていない部分に試聴会後のモニターシートをもらった段階で初めて気付きました。

あと4ヶ月くらいで先輩になってしまいます。出来ないことは仕方がない。しかし、出来ないからと言って出来ないままにして良いわけではない。出来ないことはこれから、出来るようになればいいじゃない(粒立て、読み下し等)。4ヶ月と言うのは何かを成し遂げるには十分な時間であるはずなので、ステージの練習がおざなりにならないように配慮しつつ、訓練していきたい、と言う決意ができるような、向上心を刺激されるような番組制作でした。

最後に、とっても楽しかった!

技術

たるたるふぃれお氏

初めて1年生だけで作る番組でバイトがある奴がいたり発表間近で不備が発覚したりしてバタバタしましたがいいものが作れたと思います。とても楽しく充実した1週間と少しでした。

私ださん

今回初めての一年生単独での制作ということで、不安もありましたが、全員で協力して収録に臨み、無事視聴会に間に合わせる事ができてよかったです。また、色んな人のさまざまな声が聞けて、編集もたくさんできてとっても楽しかったです!

天使さん

初めての収録・Cubaseを使った編集ということで緊張していましたが、先輩からアドバイスを頂いたり同期と協力することで完成させることができました。とても充実した一週間になったと思います、ありがとうございました!



2週目プロデュース

長持乃鎌足氏

一年生番組二週目は、ヒーロー物を意識した台本になりました。アナウンス部門には叫ぶ演技をしてもらったり、技術部門には場面に応じた声のエフェクトをかけてもらったりと、初めての番組にも関わらず挑戦的な部分も多くありましたが、期待以上の演技・編集によって、とても良い作品に仕上がったと思います。パートメンバーには本当に感謝しています。役者が足りない、時間が足りない等の問題もありましたが、楽しく一週間を終える事ができてよかったです。この経験をこれからの台本に活かしていきたいと思っています。最後に、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

アナウンス

いいこえさん

僕たち2週目は男盛りで、むさ苦しくありつつも、なんの遠慮もないということでとても楽しい収録環境でした!

自分は何役か兼ねてやったのですが、キャラごとの声・テンションの使い分けの難しさを実感することが出来、とても良い経験となりました!

ダイコンさん

初の番組で、しかも主役級の役をやらせてもらって、いい仲間とともに作れて本当に楽しかったです。しかし、課題も多く残ったので今後に生かしていきたいと思いました。色々不安でしたが、今は仲間に感謝しかないです。ありがとうございました!そして今後もよろしくお願いします!



四葉教会枢機卿さん

今回、主役に抜擢されて収録前には上手く演じることができるのか、とても不安に感じました。しかし、収録が始まってからは2週目のみんなのおかげで不安に思っていた気持ちが嘘みたいに楽しく過ごすことができました。やはり演技の方はまだまだ至らない点や課題が多いので、今回の失敗を糧にして次回以降も精一杯頑張っていきたいです。最後に2週目のみんな、そして応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

技術

岸のむこうのむこうのむこうさん

始めての番組制作ということで、アナウンス、技術、プロデュース全員が段取りを何も知らない状態で始まった一年生番組、制作期間の短さを実感できておらず編集作業に追われたりしたこの一週間でしたが、同期との絆や、編集の改善点などとても多くのものを得ることができました。

この一週間で学び、得たものを次の番組制作やステージで発揮できるよう日々精進して行きたいと思います。



オペラ歌手某氏

最初は、自分たちでラジオドラマが作れるか不安でした。しかし、収録や編集をしている間に楽しく過ごさせて不安は直ぐに消えました。辛いときもありましたが、何とか完成出来てよかったです。

2週目のみんなありがとうございました。



以上、一年生番組振り返りでした!

最後に、番組中に応援に駆けつけてくださった方々や困った時に助けてくださった先輩方!

皆さま本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント